記念祭が終わって2週間が過ぎました。校長室で開いたタイグッズの販売は順調でした。三か所のタイの子ども施設にプレゼントします。円の価値にすると50万円くらいでしょう。良いクリスマスプレゼントになります。

その校長室にたくさんの受験生も迎えることができました。みんな可愛いですね。

その可愛い子たちに私は質問しました。「45年生の時はきちんと勉強しましたか?」遠慮でしょうが、「ハイ」と明確に答えたお子さんがとても少なかったのが印象的です。人生は角を曲がると突然急坂が始まるという時がありますね。それが小学45年生と言われています。とても重要なポイントです。

もう一つは中学2年次です。この時期を無難に乗り越えた人が高峰に登れるとも言われています。離陸角度が浅かったり、推力が弱かったりすると高度が上がりません。人生の意味や味わいはこんな身近なものから始まると思います。リセットが効くうちに頑張れと声援を送ります。