• HOME
  • 進路情報
  • 進路指導

進路情報

進路指導

大学受験は人生における一つの通過点。
そこから“進むべき路”を指し示す聖学院の早期指導

どんなに高い能力を備えていても頂の見えない山を登ることはできません。大学はあくまで人生という長い登山に臨むためのベースキャンプ。大切なのは、そこにたどり着くだけで尽きてしまう力ではなく、さらに高く、さらに先へ進むことのできる知力と体力を育むこと。生徒一人ひとりのめざすべき“山頂”をはっきりと映し出し、そこへ行くには何が必要なのかを示す。それが聖学院の進路指導です。

進路指導チャート
中学1・2年 第1回学力推移調査テスト/第2回学力推移調査テスト/進路結果報告会/サマーセミナー
中学3年 第1回学力推移調査テスト/第2回学力推移調査テスト/進路結果報/告会勉強合宿/大学見学ツアー/サマーセミナー
高校Ⅰ年 新入生進路ガイダンス/分野別ガイダンス/第1回スタディーサポート/入試科目自己調査/進路結果報告会/進路面談/分野・職業別希望調査/文理選択/模試(年間2回)/TOEIC/自己分析シート 夏休み課題/進路ガイダンス/第2回スタディーサポート/大学オープンキャンパス参加奨励
高校Ⅱ年 第1回スタディーサポート/第2回スタディーサポート/進路結果報告会/進路面談/模試(年間3回)/進路ガイダンス/サマーセミナー/大学オープンキャンパス参加奨励/大学模擬授業/ウィンターセミナー
高校Ⅲ年 スタディーサポート/スプリングセミナー/模試(年間4回)/ウインターセミナー/進路結果報告会/進路ガイダンス(推薦・センター入試)/進路面談(夏期休暇)/進路ガイダンス/進路ガイダンス(27大学の個別ブース)/進路面談(12月)/センター試験対策講座(7月・12月)/サマーセミナー/入試直前講習/アラカルト受験補習/大学入試センター試験

生徒の“やる気スイッチ”を他方面から将来への道筋につなげていきます

聖学院が目指しているのは、一人ひとりが「内なる賜物(タラント)」を発見し、将来を見据えた人生設計を行うことです。それは決して大学に合格することだけではありません。中高6年間を通して興味・関心を高める多彩なプログラムに取り組むことにより、生徒たちの「やる気スイッチ」が入り、将来の目標を見つけていきます。
近年の大学現役進学率は80%前後ですが、浪人して第一志望校に再チャレンジする生徒も少なくありません。それぞれが本当に進みたい進路を実現するために、全教員が研究授業を重ねて授業力の向上を図り、模擬試験の結果から生徒の理解度を分析して授業にフィードバック。生徒自身も定期考査や模擬試験の度に「振り返りノート」にまとめて、今後の学習に役立てます。
新たな試みとしては、中学3年が企業とタイアップして「生きる力」を育む「クエストカップ」に参加。2014年度は、初参加でグランプリを取得する快挙でした。高校Ⅰ・Ⅱ年は、大学での学びを体験する「夢ナビライブ」に取り組み、文理選択や志望校選択につなげていきます。

小論文指導システム

「伸びしろ」のある人物に育てます

世に流布するさまざまな情報を冷徹な視線でとらえ責任ある判断を行うためには、総合的な知識と思考力を持つことが欠かせません。しかし、知識は、教科のカテゴリーに分けられたままの状態では実社会に生かすことができません。学齢期において、さまざまな知識を取り込み、試行錯誤しながら思考を深めていった経験は、その後の成長を支える糧となります。小論文の学習指導を通し、大人になっても学び続けることのできる人物を育ててゆきたいと考えています。

知識を運用し、主体的に行動する力を付けます

分類されたままの知識を統合するためには、自然界や社会に触れる機会を得ることと共に、思考の過程を文章化する段階を経ることがとても大切です。本校のユニークな体験学習がその一助となることはまちがいありません。加えて、成長段階に応じた小論文課題を与え、知識を運用する力を育みます。大学の小論文入試では、知識量と知識の運用力に加えて、解答者の主体性が問われることとなります。対象をしっかり把握した上で、どのような価値判断をし、どのように行動するのか? それはまさに実社会で求められる思考です。小論文入試に挑戦する・しないに関わらず、全生徒が小論文学習に取り組むことには大きな意味があるのです。

全ての教員が指導します

学齢に合わせて「漢字検定」「語彙・読解力検定」「小論文模試」を利用した指導を行います。付属のテキストを用いることで、小論文学習の「取り組みにくさ」を解消し、合否や得点率を明らかにして生徒個々の課題を明らかにしてゆきます。また、各種体験学習の事前・事後学習や日ごろの授業のなかに討論や意見交換の場を設け、自らの考えと他者の考えを分かち合う機会を作り出します。他者と共同して事に当たることの必要性と、そのことによって得られる深い喜びを実感させたいと願っています。創造的な思考を導くため、私たち聖学院の教員同士も教科の枠組みを飛び越えた形で連携し、指導に当たります。小論文の問いには絶対的な解答がありません。生徒と教員が共に解答を模索してゆく過程にこそ、貴重な学びが存在しているのです。

TOP