• HOME
  • 進路情報
  • OB・保護者の声

進路情報

OB・保護者の声

聖学院OBからのメッセージ

人を思いやる心を学んだ学院生活

千葉大学 医学部1年
吉良 慎一 さん

聖学院での6年間は、勉強以外の学びや、社会とのつながりがたくさんありました。印象に残っているのは、中3の糸魚川農村体験学習です。農家に3泊も宿泊させていただき、農業の今を学んだ体験は、ニュースを見るだけでは決してわからないことばかりでした。
高Ⅱの沖縄平和学習では、世界の平和を考え、魂が揺さぶられる体験でした。沖縄は戦後70年経過しても、その苦労と戦いが続いている土地だと知りました。この貴重な体験は、私の人生にとても大きな影響を与えてくれたと思います。
私は医師を目指しています。医師とは技術だけでなく、人を思いやる心も大切な仕事だと考えています。聖学院の生活は礼拝が中心にあり、クラスメイトとのつながりが濃密で人を思いやる心も学びます。将来は世界の最先端の医療を学び、社会に貢献できる医師になりたいと思います。

卒業生保護者からのメッセージ

豊かで質の良い6年間

2016年卒業生保護者
安藤 由理子 さん
卒業生:北海道大学 総合理系学部1年
安藤 亮愽 さん

6年間で一番印象に残ったことは、子どもたちの目覚ましい成長です。中学最初の頃は、毎日の課題や小テストの勉強が大変だったと思いますが、先生方の細かい配慮に支えられながら、友だち同士励まし合いながら自然と学習習慣として身につきました。
大きく成長したと感じたのは、高Ⅰで参加した、米カリフォルニア州でのホームステイです。片言ながらも一生懸命にホストファミリーとコミュニケーションを取り、自分の意志が伝わったと喜びは大きかったようです。大学生でも海外に出て勉強したいと目を輝かせていました。
聖学院では学年の先生方が6年間受け持ち、何があっても学年全体で見て下さいました。受験勉強に向けては、本当に多くの先生方に細かく指導していただきました。親子共に過ごした豊かで質の良い6年間は、息子の人生の羅針盤となると確信しています。

TOP