教育内容

英語教育プログラム

「英語の聖学院」の誇りにかけてさらに進化する英語教育

今後ますます世界の共通言語化していく英語。
それだけに今後の社会で活躍していくためには、英語によるコミュニケーション能力は必須です。
聖学院は長い英語教育の伝統を基盤として意欲的な教育改革を行い、グローバルな視野に立った画期的プログラムに進化させています。

人生を切り拓くツールとして英語力を身につける

英語は生徒たちが人生を切り拓き、チャンスをつかむうえで欠かせない必須のツールです。もちろん大学進学の鍵を握る教科である以上、受験を突破できる高い学力を培うことは大切ですが、聖学院の英語教育はそれだけにとどまりません。目標とするのは、将来ビジネスの最前線に立ってワールドワイドな活躍をしていけるような高レベルな語学力の習得です。

そのために聖学院の英語教育は、英語学習経験者である帰国生と、初めて英語を学ぶ生徒の双方に配慮したカリキュラムを組み、実用的英語コミュニケーション能力の基礎を構築していくことに力を注いでいます。

英語力を飛躍させる熱意ある指導とグレード別授業

聞き・話す機会をできうる限り多く持つことが英語力を養う絶対的基本と捉え、リスニングとスピーキングを重視しています。また言語の習得には表現力や社会への関心も重要な要素となるため、日本語や日本文化、社会事情にも興味を広げられるような指導に力を入れています。
さらにグレード別授業を導入。これにより生徒のモチベーションと競争意識が高まり、英語検定の取得状況が飛躍的に向上するといった目覚ましい成果を生んでいます。

進学先は世界の大学  難関海外大への指定校推薦

「海外大学への進学」はグローバル化が進む現在では、ごく当たり前の選択肢になっています。こうした状況を踏まえ、聖学院では雑誌「タイムズ」が発表した世界の大学ランキング65位(2012年実績)の豪・クイーンズランド大学に、毎年3~4名の指定校推薦枠※ を確保しています。同大との提携は、聖学院の英語教育が高く評価された証ともいえるものです。
※ 1年間の準備期間を経て入学

英語クラス編成

英語クラス編成

PAGE TOP