• HOME
  • 教育内容
  • 聖学院の中高一貫教育

教育内容

聖学院の中高一貫教育

聖学院はキリスト教教育を標榜する男子校です。中学・高校の貴重な6年間を2つに分断しない一貫教育の優位性はいうまでもありませんが、もう一つの誇りは創立以来の男子教育にあります。キリスト教の世界観に根ざした揺るぎない「父性」を育成し、社会の力強い担い手としての自覚を養います。

男の子の成長プロセスを大切に!〜人生の貴重な準備期間〜

10代の成長過程は起伏に富んでいます。特に中学・高校の6年間という思春期の時期は男女の成長差が激しく、精神的に早く大人になる女の子に比べて、男の子はゆっくり時をかけて育ち、かつ後半期に心身ともに急激に伸びていく傾向が見受けられます。その大きな違いに眼を向け、それぞれの特質を磨いていくうえで、何よりも大事なのは環境です。男の子特有の爆発的な成長地点に差し掛かったとき、異性の眼に萎縮することなく跳躍するには、男子だけの集団に身を置くことに大きな意義を持ちます。「男子教育の中でこそ必ず育つものがある」と確信し、聖学院では一人ひとりの6年間を価値ある時間にしていきたいと考えています。

中・高6年間を有効に捉えた「2+2+2」の一貫カリキュラム

聖学院では中学・高校の6年間を「基礎・充実期」「応用・発展期」「実戦・完成期」の3期に区切り、それぞれ2年間ずつの段階的な学習指導を実施しています。基礎・充実期は中学課程のみならず、高校課程や将来をも見据えたベースづくりを。通常は高校進学で分断される応用・発展期は一部科目に先取り授業を取り入れるほか、中学課程と高校課程を有機的に結合。受験のない時間的なゆとりを個々の習熟度に合わせた補習・自学自習に充当します。そして実戦・完成期には一人ひとりの適正と志望に合わせたきめ細かな進路指導を導入。大学受験という実戦に万全の体制で臨みます。まさに、必要な時に必要な教育を提供する、聖学院ならではの一貫カリキュラムと言えるでしょう。

基礎充実期(中学1年・2年)
  • 国語

    知的好奇心の育成を図ると共に授業の聴き方・ノートの取り方・原稿用紙の使い方など基本的な学習習慣・姿勢を確立。多読による文章全体の把握力と豊かな感性の滋養を図るほか、口語文と文語文の違いを学習します。

  • 数学

    基礎基本の徹底を図ります。代数と幾何を並列して行うことにより、小学算数から中学数学へのスムーズな移行を促します。2年次には3年次の学習内容を先取りし、数学を学ぶ上で不可欠な「計算力」の養成に時間をかけるとともに、自学・自習の習慣づけを重視。日々の授業を第一に、家庭での復習により確実な実力へと発展させます。

  • 英語

    英語経験者コースを設置。中学1年次はAdvanced Classは1クラス、Regular Classは2クラスを3分割して授業を展開。Regular Classは三省堂のNEWCROWNを使用しています。2年次からは到達度別に4グレードに分類して授業を展開。このほか英検2級レベル以上の生徒を対象に「SSコース(中学1年~中学3年)」も設置しています。

応用発展期(中学3年・高校Ⅰ年)
  • 国語

    客観的に文章をとらえ、多面的な理解と疑問を促しながら論理的な問題解決能力を養います。また小論文の作成や討論・3分間スピーチなどの表現方法を学び、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を養います。古典学習では、文法の習得にとどまらず、作品のもつ世界観を感じさせる授業を展開します。

  • 数学

    習熟度別のクラス編成を導入し、きめ細かな指導体制で高度な「高校数学」を学ぶための基礎固めを行います。特に中3では2学期より高校数学をスタートします。

  • 英語

    中3までは4つのグレード別授業を継承し、特にReadingの充実を図ります。SSコースはTOEIC800点、Sコースは英検2級、A・Bコースは英検準2級を到達目標に設定しています。

完成期(高校Ⅱ年・Ⅲ年)

大学入試を視野に入れた授業で、Advanced Classでは、国公立大学二次試験および難関私立大学入試で求められる深い記述・論述力を鍛えます。Regular ClassではGMARCHや一般私立大学に狙いをしぼった合格力を育成します。今後の入試傾向として「思考力・判断力・表現力」を求められる出題が増えることを踏まえ、「表現教育」と「キャリア教育」を掛け合わせたアクティブラーニング形式の授業を通して、汎用性の高い思考スキルと資質・態度を育成していきます。

  • 文系

    国語ではテキストの読解やスピーチ、討論、論述などさまざまな実践を通して語彙力に磨きをかけます。テキストの内容理解に留まらず、論証の仕方を検証したり他の言説との比較を行うなどの批判的思考にも挑戦します。数学はセンター試験対応の問題演習を重点的に実践。授業には数ⅡB教科書を使用します。英語は高ⅠからSS・S・A・B・Cの5コースに分かれ、理系・文系を問わず大学受験を見据えた実践指導を展開。高Ⅲまでに全員が英検準2級以上の取得をめざします。

  • 理系

    数学は、高Ⅱの数ⅠA演習と高Ⅲの大学入試演習は全員必修とし、それぞれの進路に応じて数ⅡB演習、数Ⅲ・数Ⅲ演習、センター演習などを必修選択に設定しています。英語でも日常的な教科指導のほか、英検・TOEIC対策特別講座やセンター試験対策補習など充実した課外授業を実践しています。理科は、実験を重視しつつ、法則や概念の深い理念へ繋げていきます。演習を重ねながら学力の定着を図ります。

  • 海外大学
    進学

    海外大学進学に備え、SAT、TOEFLに対応できるReading、Listening、Writing能力を身につけます。

世界を視野に希望進路の実現

TOP