教科学習

英語

教科の方針

社会が大きく変化し続ける中、英語は最新の情報を即時に手に入れるツールです。そのため英語に臆することなく触れていくマインドと、英語を正しく理解する知識を身に付けます。また、発信に関してもただ伝わるのではく、正しく伝える生きた英語の習得を目指します。また、英語を学ぶことだけにとどまらず、ツールとして英語を使うことで何をしていくのかを考える機会を提供します。

カリキュラムの特徴

中学から高校全体を通じて「英語学習」を包括的に捉えます。学習は授業内だけで完結するものではありません。家庭学習が非常に重要です。授業では「記憶の定着を図る仕組み」を大切にし、学習内容を読んだり、見たり、聞いたりとさまざまな側面からアプローチすることで理解の促進と記憶の定着を図ります。その上で、授業外では「継続可能な自律学習の仕組み」を提案します。小テストや課題に取り組む意味を伝え、取り組みを充実させることで生活のリズムをつくり、授業と家庭学習を結びつけることを目指します。授業と家庭学習の両方を大切にすることが、英語学習を成功させる鍵なのです。

中学段階ではインプット(ListeningとReading)とアウトプット(SpeakingとWriting)を組み合わせ、繰り返すことで、学習内容の定着を図ります。また教科書のみならず、海外のニュースや新聞などを使った自作の教材を用いて、実際に使われている英語に触れていきます。学んだことと社会とをつなげるツールとして英語を活用し洗練させつつ、視野を国内のみならず世界へと広げていきます。

高校では、中学で学んだ英語を、さらに体系的に深めていきます。日本語との違いを認識した上で学習を進め、英語で様々な情報をインプットしたり、英語を使って自分の思いを発信することを目指します。そのため多読や文章を書き、発表することに力を入れます。

〈経験者コース特徴〉
中学1年生対象に、既に一定レベルまで英語を学習している生徒に向けて、経験者コースを設定しています。中学校のカリキュラムと同時に、発展的な内容をあつかいます。

探究・PBL型授業例

◆ 中学3年生:平和を作るにはどうすれば良いか?

【目的】
戦争の悲劇を異なる立場から考察し、両者の視点を比較することで、平和を構築するにはどうすれば良いかを考える。

【手順】
読解…教科書で原爆でなくなった日本人の少女の話を読む。追加資料として、パールハーバーで友人を失った元アメリカ兵の回想を読む。
思考…それぞれを読んだ後、Google formで平和について自分の考えにもっとも近い立場を選ぶアンケートを実施する。同じアンケートにも関わらず、1)の読解後と、2)の読解後では結果に差が出る。なぜその差が生まれたかを考える。
表現…「原爆で亡くなった少女の遺族と、パールハーバーで友人を失った兵士の家族を和解させるにはどうすれば良いか」という問いに対してエッセイを書く。