教科学習

理科

教科の目標方針

聖学院の理科教育は、実験・観察を通して「知的好奇心」を育む実践を積み重ねてきました。中学校では知的好奇心の芽を育てることを重視しており、①実物に触れる機会を設ける、②現象に対する「なぜ?」を引き出す、③法則性の発見とそこから来る感動体験を大切にする、④科学的・論理的思考力の育成のために実験・観察をたくさん実施する、などの授業展開を心がけています。中高6年間での最終的な目標は、21世紀の市民にふさわしい科学的リテラシーの習得と、自ら学び続ける「自発的な学び」の姿勢の習得です。

カリキュラムの特徴

聖学院では、「なぜ?」の気持ちを起こさせるしかけを作り、仮説を立て、実験・観察で科学的思考を育てていくカリキュラムを実践しています。中学校3年間で、およそ150種類の実験・観察を扱います。現行課程では、高Ⅱ終了時までに「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」の基礎3科目と、「物理」+「化学」または「生物」+「化学」の2科目を履修します(理系の場合)。
また各授業で21世紀型教育を意識した授業を実践しており、グループ学習やICTを用いた学習手法を導入しています。思考力や表現力を高める活動の一環として、高Ⅱ理系では1年間かけて「課題研究」に取り組みます。

探究学習・PBL型授業例

理科探究の様子

◆ 中学1年生:「理科探究」について
「1分野」「2分野」の系統的な学習とは異なった、テーマ性重視の実験・観察を行います。指導は3名のスタッフがティームティーチングで行い、実験操作の指導だけでなく、考察や討論の場面でも細かく助言していきます。自ら考え、試行錯誤することを重視した科目です。


◆ 高校Ⅱ年生:「課題研究」について
自分の興味にあわせた研究テーマを考え、自ら計画・実験して考察し、発表します。思考力やプレゼンスキルを身につけるだけでなく、卒業後の進路を見通し、切り拓く力がつくように丁寧な指導を行います。


◆ 中学3年生:理科1分野「新しい発電を考えよう!」
中学3年間で学んだ事柄の集大成として、まったく新しい発電方法を開発します。発電効率,実現性,経済性などの多角的な評価項目を設定し、またグループで取り組むことで、理論の復習だけでなく、情報収集力,分析力,マネジメント力なども育成します。


◆ 高校Ⅰ年生:物理基礎「効率が良いバトンパスとは?」
「教える」から始まるのはなく、生徒自身の「気づき」から学びを始めます。知識を学んでいく過程でも、自分の頭と手を動かしディスカッションを促していくことで、単元の核となる事柄が生徒たち自身から浮かび上がってくるように授業を展開させます。