グローバル教育

高校グローバルイノベーションクラス

さらに進化する聖学院のグローバル教育

2021年度より高校グローバルイノベーションクラスを新設し、高校入試をスタートします。内進生も高校進学時に試験を経てグローバルイノベーションクラスに進むことができます。高校から入学する生徒たちが聖学院に新しい風を吹き込み、学びの相乗効果を巻き起こします。

「ものづくり」「ことづくり」を通して世界に貢献できる人を
育てるクラス

本校では、これまで探究・PBL型教育を、授業・宿泊行事・海外研修等の中に数多く取り入れてまいりました。そこでこの度、世界に対して「ものづくり」「ことづくり」を通して貢献できるグローバルイノベーターを育成するため、高校新クラスを新設します。それが「Global Innovation Class」です。グローバル課題やSDGsを自分事として理解し、高次の研究力・協働力・創造力を育成するために、「Immersion」「STEAM」「PROJECT」の3つを柱にした教育を展開します。
また3本柱の土台として、一般教科およびリベラルアーツを行います。特にリベラルアーツでは、ロジカルシンキング・クリティカルシンキングを新聞・ニュース記事をもとに学んでいきます。
以上のプロセスを経て、世界的な課題を自分事としてとらえ、「ものづくり」「ことづくり」を通して課題解決~価値創造できる人財を育てます。これは本校の教育理念「Only One For Others」を真に具現化できる人財の育成であり、本校次世代教育の象徴的なクラスになると確信しています。

時間割例

授業時間数は他クラスと同様に週6日制、1日6時限です。土曜日は4時限となります。英語で学ぶ「Immersion」授業が週3時間、「STEAM」授業が週6時間、「PROJECT」授業が週2~4時間と、次世代型授業に多く時間を割いています。

Immersion

SDGsを英語で学ぶ授業です。現代社会・家庭科などの内容を中心に、SDGsを英語で学び、英語でディスカッション・プレゼンテーションをします。そのために必要なグローバルスキルも英語で習得します。異文化におけるコミュニケーション、社会課題に対して英語で議論し、シンキング・ストラテジーやリーダーシップなど6つの重要なスキル・マインドを「英語で」習得するプログラムです。ディスカッション、アクティビティ、プロジェクト、発表を通して、生徒中心の学びを形成します。週6時間の英語授業とは別に週3時間「Immersion」を英語で学ぶため、社会とつなぐツールとしての英語力が身につきます。

〈聖学院の英語授業では「SSコース」を設置(週6時間)〉
同コースでは、ネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業にて、英語でのプレゼンテーション、英字新聞の多読、エッセイの練習などを行っています。英字新聞などを使い、「ソーシャルイシュー」(社会問題)に触れながら、そこで用いられている実践的な単語や表現方法を学びます。次に自分の考えをまとめて意見を述べたり、ディスカッションしたりします。ソーシャルイシューを取り入れることで、内容の濃い議論ができ、単に英語の表現を学ぶことにとどまらない充実した授業となっています。
※英語は習熟度別授業となっており、SSコース、Sコース、Aコース、Bコースの4コースで展開。SSコースは英検2級以上のコースです。

STEAM

STEAMとは、「科学」「技術」「工学」「芸術」「数学」の5つの頭文字を組み合わせたもので、情報の抽出・分類・比較するスキルや、課題発見・解決に向けた創造・表現のスキルを育てる教育プログラムです。「サイエンス」「デザイン」を軸にICT Skillsを活用しながら「ものづくり」「ことづくり」に必要なツールを学び、論理と感性の両面を大切にした創造力を育成します。週6時間の授業は全て探究・PBL型授業で構成され、課題解決・価値創造のための問いからスタートします。必要性を感じて知識や思考スキルを習得していきます。

PROJECT

ゼミ形式の授業で、国際系・社会系・環境系などのテーマから自分で選びます。その中で、自ら課題を設定し、その課題解決に向けて学内外で連携し、協働・研究活動を行います。その成果発表に向けた準備のための「Project Week」を設定します。高2では、プロジェクト実践のためのMoG (Misson on the Ground)を海外で行います。「Project」はGlobal Innovation Classの集大成となる時間です。

プロジェクト科の構成