お知らせ

お知らせ

2012.07.14

レゴキング選手権開催のお知らせ(非公開)

レゴキング選手権開催のお知らせ

 ※今回の「レゴキング選手権」は聖学院中学校の生徒を対象としますので、選手権そのものは非公開となります。選手権の模様は終了後にHPでご報告いたします。また、秋の学校説明会≪10月27日(土)≫では授業体験と共に開催いたしますので、奮ってご参加ください。

 聖学院は『21世紀型教育』を標榜し、新しい学びに取り組んでおります。目下、日本の教育は受験勉強、つまり5教科の暗記勉強が主流です。しかし、混沌とした21世紀の社会においては「みずからの手を動かし、考える」教育が必要とされています。
 表題のレゴキング選手権はテレビチャンピオンなどで人気を博しており、世間の耳目を引くものとなっております。本校の生徒の中にはレゴの塾に通っている猛者もいるようです。レゴは仮説を立てて学ぶ教育の導入に相応しい教材とされており、欧米では教育の現場でレゴが当然のように使われております。このような情況を鑑み、本校でも宇宙エレベーターなどレゴを使った教育を促進する一環としてレゴキング選手権を計画しております。この取り組みを通じて、聖学院の生徒諸君が持つきらりと光る新しい可能性を発掘して行きたいと思っております。

LEGO King Championship

 Advocating the “21st century education”, Seigakuin has been tackling a new style of learning. On the contrary, the Japanese educational system is simply “cramming”: it only focuses on five subjects such as Japanese, English, math, social studies, and sciences. This chaotic society in the 21st century, however, strongly calls for a “reflective practice” – style of education.
 A LEGO championship has been around on TV and gained national recognition. Some Seigakuin students go to LEGO schools and have mastered many building skills. Since LEGO is considered an appropriate material to teach problem solving skills, this material is significantly popular among schools in Europe and the States. Seigkauin also has used LEGO for a space elevator project, which is funded by SPP and cooperated with Prof. Yoshio Aoki at Nihon University. As we want to take one step further and facilitate this kind of education with LEGO, we have proudly decided to hold a LEGO King Championship. All the teachers at Seigkauin want to discover new talents that Seigakuin students embrace through this new project.

 日時:8月27日 (月曜日) 9時から12時までを予定
 Date: August 27th Monday 9:00-12:00
 場所:食堂ラウンジ(本館B1自動販売機のあるところ)
 Place: Café Lounge (Main Building B1)
 生徒作品 Student’s work (中1加藤颯君, 7th grader Kato Hayate) 
 タイトル title:マクドナルド McDonald’s.

お知らせ一覧へ

TOP