SEIG NEWS

【高2現代の社会】レジェンド松下さん・ボス水野さんをお迎えし、実演販売選手権

高2現代の社会では、教育NPO「ROJE」の大学生たちと一緒に、「不要な物を観察し、新しい使い道を考える」をテーマに掲げ、不要とされたものが持つ新しい可能性について多くの意見やアイデアを出し合いながら、授業を重ねてきました。

前回の授業では食パンの袋に付いているプラスティックの留め具を例に、人に「欲しい!」と思わせる見せ方の工夫を大学生が一覧にし、考え方や視点の幅を広く持ちつつ、「欲しい物」へと展開していく原稿作りに取り組んできました。

本日は

レジェンド松下さん(プロフィール

ボス水野さん(プロフィール

のお二人をお迎えし、生徒たちが実演販売のデモンストレーションに挑みました。

レジェンド松下さんの実演販売

ボス水野さんの実演販売

まずはお二人による自己紹介と実演販売を体験させて頂きました。

デモンストレーションの間中「うぇーい!」「へーーー!!」「おおお!」と大盛り上がり。生徒たちの心は一気に惹きつけられていました。

さらに、制限時間ピッタリに終わった時には雄たけびの様な感嘆の声が沸きあがっていました。「今日、買って帰るっ」との声も聞こえました。(寄り道しないで帰りましょうね)

商品を試すボス水野さんと生徒

効果に場が沸いた瞬間

実演販売するにあたり、お二人が心がけているのは、“思いを伝える”ということ。

実際の実演販売士さんの体験やアドバイスを伺った後 、生徒たちによる実演販売のデモンストレーションを行いました。

生徒が実演に使用するのはガチャガチャの空きカプセルです。それぞれが「こんな事に困ったことがある」「こうだったら良い」などの体験から空きカプセルの新しい利用方法をプレゼンしていきます。

鞄の中の整理収納に。有線イヤホンのストレス緩和に。お風呂の入浴剤使用時に。砂時計に。等々…実に様々です。

また、アイディアや商品は言葉で説明するだけではありません。時には会場にいる人とコミュニケーションをとりながら、そして実際に手で触ってもらいながら、ボディランゲージを交えながら、と聞き手がイメージしやすいように各々工夫をしていました。

机上には実演に使用する空きカプセル

新しいアイディアを紹介する生徒

プロに並ぶ声量で聞き手に語る生徒

壇上の生徒を見守るボス水野さん

生徒のデモンストレーションを聞きながらメモをするレジェンド松下さん

「学びがいいよね」とお話されていました。

生徒の実演にプロのお二人からは、改善できる部分へのアドバイスの他に、伝え方について「素晴らしい!」との高評価を頂きました。
リアクションも良い。この受け手のリアクションを是非覚えておいて欲しい。自分の言葉で語るのは大変だがそれが思いを伝える大切なこと。将来、今回のように実演販売する機会は少ないかもしれないが自信を持って大人になっていって欲しい。一方通行にならないコミュニケーションができている。今身につけたものを無くさないで欲しい。プレゼンをするにしても、人に自分のお勧めをするにしても、恋心を伝えるにしても共通しているのは相手との信頼関係とその空気作り。 是非コミュニケーションを活かして取り組んでほしい。と温かい励ましとメッセージを頂きました。

今日の授業を終えた生徒たちは、レジェンド松下さんとボス水野さんに教えて頂いたアドバイスに加え、人に「欲しい!」と思わせるためにはいかに思いを相手に伝えるか、そのためには何が大切なのか、とさらにブラッシュアップした動画作成を行い、提出します。

エネルギッシュに授業を過ごした生徒一人ひとりの中に、今日の出来事が糧となっていき、社会へ羽ばたく準備のときとなることを願っています。そしてその為に沢山の方々がお力添え下さっていることに心より感謝を申し上げます。

レジェンド松下さん、ボス水野さん、お忙しい中、本校の生徒たちに貴重な体験とお時間をありがとうございました。

お2人からの総評とメッセージ

プロからのアドバイスをメモする様子

実社会で活躍する方の言葉に耳を傾ける生徒の様子

生徒それぞれのノートが完成です