探究・PBL型教育

探究・PBL型授業

21世紀型スキルの獲得を目指して

聖学院では生徒主体型の学習スタイルである独自の探究・PBL型教育を展開しています。自己発信力・問題解決力・コミュニケーション能力など、これからの社会を舵取りできるスキルを磨きます。

探究・PBL型授業とは

Project Based Learning(PBL)とは、自分たちの力で課題の解決に取り組み、議論と探究を重ねる学習方法です。これまでの教師から生徒への一方通行的な学びではなく、生徒同士による双方向の学び合いによって、自分の意見や価値観をより多彩な観点から膨らませていきます。まとめた意見や提案をポスターセッションやプレゼンテーションで発表して論理的思考力を鍛えさせ、語彙力と表現力のさらなる向上を図ります。また外部団体との共同学習を積極的に取り入れて、専門家ならではの鋭い視点や考察などを学び、より実りある授業を展開させています。

聖学院で実践中のPBL

さまざまな授業で実践しており、授業では国語・数学・社会・理科・技術・情報など、ほぼ全ての教科で実践しています。また外部団体との共同学習を積極的に取り入れて、専門家ならではの鋭い視点や考察などを学び、より実りある授業を展開させています。

中学1年生 国語II

授業内外の至るところで展開する探究学習には、それにふさわしい技能の習得が欠かせません。国語Ⅱでは、雑多な情報を構造化して理解する力を磨いていきます。人に分かりやすく伝える技術から始まり、ロジカル・シンキングのトレーニングを経て、3学期にはクリティカル・シンキングに挑戦します。

中学2年生 技術

レゴマインドストームを使って、プログラミング学習を実施。失敗や試行錯誤を積み重ね、4つの「論理的・創造的・批判的・協働的」思考力を鍛えます。2人1組で取り組むことで、より良い手法はあるか、成功したがこの現状でいいのかなど、仲間と共に探究することの大切さと奥深さも学びます。

中学3年生 社会科(公民)

「人間と機械の融和」「食糧難への解決策」など現代の社会で解決できていない社会課題に対してグループで話し合い、自分たちなりの解決策を考えます。全国で約150校、約25,000人が参加。高校生の参加が多い中、本校では中学生が参加し、6年連続全国大会に出場しています。


〈代表的な授業〉

中1国語「思考・探究の基礎」、中1幾何「図形デザイン/統計グラフコンクール」、中2社会「歴史プレゼン」、中1理科探究、中2技術「レゴマインドストーム」、中3社会「クエスト・企業探究」、中学美術全般、高Ⅰ日本史「風刺画プレゼン」、高Ⅰ物理基礎の探究、高Ⅱ現代の社会、高Ⅱ課題研究、高Ⅲ情報「2030年の世界デザイン」ほか